2018年7月10日

「限りなくシンプルに、豊かに暮らす」から想うことを述べる③

今回のテーマは「100パーセントの快適を求めない」

本には現代では季節に合った服があり、空調で温度管理ができ、いつも快適でいられることに対して、僧侶は一年を通して作務衣で
お寺も空調がない為、冬の畳の上は温かくて快適であるというようなことが書かれています。

ようは、常に快適な状況に身をおいていては、ほんの少しの不快感も我慢ができなくなっているとのこと。
不自由さやちょっとした不快感を味わうことで生きていることを実感できる生活につながるということです。
そうすることで、人間の幅も広がるとのことです。

確かに現代は会社やお店、鉄道などでも空調がきいています。
家庭ではある程度電気代を考慮するかもしれませんが、空調やストーブなどで温度を調節します。

しかし、人それぞれライフスタイルは違うもので、通勤通学はやはり外出しますし、仕事で外に出る人も多いでしょうし、
常に外で仕事をしている人もいます。
外で仕事をしている人なんかは我慢を通り越して働いている人もいます。
そんな人は家では空調を使っていても、日中は季節を感じていると思います。

一方家の中にいつもいる人などは気を付けないと季節を実感できないかもしれませんので、少しは我慢をしてみるのも一考かと思います。

僕の場合は暑さはわりと我慢できますが、寒さが苦手なのでストーブはかかせません。
これももう少し我慢が必要でしょうかね。

暑さ寒さも体質があるので初めはほどほどにしておきましょうか。

2018年7月9日

「限りなくシンプルに、豊かに暮らす」から想うことを述べる②

今回のテーマは「お腹いっぱい食べようとしない」

腹八分目あるいは腹七分目など満腹になる前でやめることが体によいと書かれております。
「食べ放題」で元を取ろうと食べ過ぎたり、家では残さず食べようと思い食べ過ぎてしまうこと。
そのようなことは頭で食べるということで、それよりも身体の声に耳を傾けることを勧めています。

僕自身、このような食べ方問題はもう10年以上考えたり実践したりしてきました。
次第に歳をとってしまい、食べる量も減ってきたように思います。

普通の人は今の日本の食事情は飽食であり、グルメ志向が依然として継続していると思います。
そんな中で身体の為とはいえ食べる量を減らすのは簡単にはいかないでしょう。

ダイエットや治病の為に食生活を変えるのも良いですが、根本的に沢山食べたい、美味しいものが食べたいという
欲望があれば、問題解決すればまた元の木阿弥なのは明らかです。

そのような目的ではなく、身体がどう感じているか、本当に自然体であるためにはどうあるべきかという事を考えてみるのも良いと思います。

いきなり急に変化させるのは大変ですが、徐々に変えていくのは簡単かもしれません。
けれど、元に戻るのも簡単ので注意は必要ですね。

2018年7月8日

「限りなくシンプルに、豊かに暮らす」から想うことを述べる①

多くの著書を書かれている曹洞宗の桝野俊明氏の「限りなくシンプルに、豊かに暮らす」の内容について書こうと思います。

日本の仏教の教えの中でもやはり禅宗は原始仏教に似ているところがあるので惹かれます。
一般の人でも読みやすいエッセイのような本です。
言葉としては知っていること、解っていることが多いですが、禅の教えをわかりやすく細かく分けて書かれていて何かあったときにすぐに開いて読めそうなので買う価値があると思い購入しました。

本の感想というよりも、自分の考えを述べられそうなテーマをピックアップして考えを述べたいと思います。

今回は「あえて不便さを選ぶ」

2018年7月7日

自慢話の話

最近、人との会話で自慢話や知ったかぶりをしてしまいがち。

自己顕示欲が湧いてくるんでしょうね。

もう少し謙虚に自重の必要があるようです。

2018年6月26日

人生を良くしようという欲望

またも久々の投稿です。

前回の記事から半年以上経ちまいしたが、実生活ではそれなりに努力をし転職もできました。

2017年12月17日

いつも焦りを感じている

短期的に今焦っているというのではなく、よく自分を見つめると年間通して焦っていると思える。

自己分析の結果、漠然と思い描いていた将来像との乖離があるから。かけ離れているからだ。

例えば、具体的では無いが何かやりがいを持って自分の能力を活かした仕事に就いているだとか、普通に結婚して子供がいるだとか、そういったことが実現しないままここまできている事に苛立ちを感じ、焦りを感じ、周囲の人を見渡した時に劣等感を感じてしまいます。

はっきり言って客観的に見るとダメ人間です。

自己実現していないことがダメというわけではなく、実現していないと“思っている”自分がダメなのだろう。

そんなことはわかっているがそんなに簡単に気持ちは変わらないんだな。

少しずつですが、そんな性格というか思考を改善いていきたいと思っています。


2017年11月23日

【読書録】『「病」の意味』(島田明徳著)

武道や気の修練タオ(仙道)に精通する著者。
島田さんの本は他にも読んだことがありますが、今回は病気についての本を読んだので感想を。
(赤文字は本書抜粋の文です)

2017年11月18日

久々の投稿 (再出発)

前回の投稿は5/22でした。
放ったらかしでした・・・

この度ブログタイトルを変更して再出発しようと思いました。

2017年5月22日

『「苦しまなくて、いいんだよ」を読み解く』の最終回

この本を読んで改めて仏教の考え方を学びました。

宗教、哲学、スピリチュアルなどは自己の内面を変えていく、成長させていく方法のひとつであると思いますが、どれも方法というかベクトルが違うように思います。